OUR WORKS私たちの仕事

東京事業部 課長 大村 直也
東京事業部 課長 大村 直也

多いときは年間50件強。
1案件をまるごと担当する醍醐味

ここでの仕事は、札幌の施工企画部と同じ、クライアントへの営業から納品・現場施工管理までをトータルで受け持っています。1案件ごとに一人の人間が担当するので、やりがいは十分にありますし、それだけ責任も大きくなります。受注エリアも同様に日本全国ですが、案件によって、札幌と東京でそれぞれの得意分野を活かす形で担当します。案件は大小さまざまですが、平均的には年30件程度、多いときで50件ほどが動きます。現在、東京事業部には社員が5名、常駐の外注スタッフが3名在席していて、現場によって足りない時には、さらに外注に頼むケースもあります。

 

巧匠 東京事業部 課長 大村の画像(1)

 

ガウディ観たさにスペインへ。
そこで出会った商店建築に刺激を受けて

途中ブランクはありますが、今年で在職13年目です。スキルアップを図るために同業他社から転職してきましたので、この業界も長くいる方だと思います。この仕事をやりたいと思ったきっかけは、20代の頃によく行っていたヨーロッパ旅行の影響が強いですね。21歳の頃、大好きだったガウディを観るために渡航したスペインでの衝撃は今も忘れません。古い街並みを守りつつ、内部を現代のデザインに変えていく商店建築の文化も、今の仕事に対して強く影響を与えていると思います。

巧匠 東京事業部 課長 大村の画像(2)

人とのつながりを大切に。
何かひとつでもこだわりを

自分で大切に考えていることは、「人とのつながり」です。仕事に限らず個人的にも、仲間がいるから生きていける、人がいてなんぼ、だと思っています。私が考えるこの仕事に向いていると感じる人材も、人に興味が持てて、つながりを大切にする人間です。また、約束を守れたり、好奇心が強かったりすることも大切です。納期遵守が生命線の業界ですから、約束を守れることは言うまでもありませんが、人に興味が持てる人は、柔軟な対応ができたりしますし、何にでも興味を持てる人は、仕事でもあらゆる方法を考えられたりします。これからの人材は、そういった方たちに興味を持ってもらえるとうれしいですね。期待しています。

 

巧匠 東京事業部 課長 大村の画像(3)